Vewdの財務再建および次世代製品開発促進計画

[2021年12月15日] | 発信元:Vewd Software
Available in English

Oslo Norway, — OTTソフトウェア ソリューションのリーディングプロバイダー、Vewd Software ASが本日、コネクテッドTVの目まぐるしく変化する世界におけるVewdの継続的な繁栄を目的として、会社の破綻および再建を行う裁判所監督処理手続きを取ることを先順位債権者と合意したと発表しました。再建は、先順位債権者の完全支援により、米連邦破産法11条における事前作成済みの再建計画案に従った負債と株式資本の交換を通じて遂行されます。再建を有効なものとするために、Vewd Software ASおよびその関連会社のLast Lion Holdco ASおよびVewd Software USA, LLC(総称して「Vewd」または「会社」と呼ぶ)は、ニューヨーク州サザンディストリクトの米国倒産裁判所に自発的に11条の処理申請を行います。今回の財政再建処理は会社の日常的な業務に影響を及ばすことはないと考えられ、会社は通常通り業務を行う予定です。

VewdのCEO アニーシュ・ラジャラム(Aneesh Rajaram)氏は述べています。「非常にダイナミックで急速に変化する業界で次の成長フェーズへ踏み出すに当たり、当社の新製品とソリューションを迅速に展開するための投資能力を底上げすることが必要になりました。」ラジャラム氏はさらに言いました。「当社は財務状況を改善することでこのプロセスを脱し、進化するOTT業界において継続的かつ堅実に成長し続けられるようにVewdを強化することができるのです。当社の再建支援者たちは、会社の長期にわたる成功とどこにいてもエンターテインメントを可能にするという当社のミッションを実現することをはっきりと約束してくれました。」

会社の先順位債権者は、裁判所の承認対象となる、経営破たん後も経営陣がとどまる形で、$1,000万の新規資金提供をすることに合意しました。会社の操業キャッシュフローと合わせて、新規資金により会社には再建処理期間(45日未満と予想)における流動性が十分にあります。

会社は最優先事項として従業員の給与および福利厚生の支払いと特定のベンダーへの支払いを継続できるように、初日に複数の手続きを行いました。このため、お客様、ベンダー、従業員がVewdとの取引および業務における変更や中断を被ることはないと考えられます。破産裁判所および計画の他の条件や関連する取引文書の承認をもって再建計画は終了します。

追加情報

Ropes & Gray LLPは再建計画に関する会社の法律事務所であり、Jefferies Group LLCは投資銀行であり、EY は再建顧問です。Linklaters LLPはNorth Haven Credit Partners II LPの法律事務所です。

Vewd Softwareについて

Vewd Softwareは、OTTとハイブリッドTVのソリューションを提供するリーディングカンパニーであり、コンシューマーがどの場所からでもお気に入りのコンテンツにアクセスすることを可能にします。Vewd は毎年約4,000万台のコネクテッドデバイス上でOTTを実現しており、未来のエンターテイメントのあり方を定義するリーダー的存在です。複雑な作業を簡素化し、シリコンベンダーからエンドユーザーまで、バリューチェーン全体を統合するソリューションを提供しています。Sony、Hisense、TPV、Vodafone、Sagemcomなど、多くのマーケットリーダーがVewdの製品とサービスを利用しています。

将来の見通しに関する声明

このプレスリリースに含まれる表現は、1933年連邦証券法(Securities Act of 1933)27A項およびその修正、ならびに1934年証券取引所法(Securities Exchange Act of 1934)21E項およびその修正の定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明からなる、過去の事実に厳密に関連しない声明は、往々にして「期待する」、「思う」、「意図する」、「予期する」、「計画する」、「推定する」、「潜在的な」、「可能性がある」、「恐らく」、などの特定の行為や事象が起こる、または生じる、または実施される「可能性がある」、「予定である」、「予定されている」、「蓋然性がある」という言葉を使用することで判別されます。将来の見通しに関する声明は現在の信念や期待に基づき、実際には声明に記載の内容とは実質的に異なる可能性があるさまざまなリスクや不確実性を含むある種の推測や推定が含まれます。上記のリスクの例としては、次のものが挙げられますが、これらに限られるものではありません。再建支援合意条項に従う再建計画を確定し達成する能力、会社の事業に対するその効果およびさまざまな関係者の利益に対する効果、会社が破産状態において操業に必要とするであろう期間とかかる手続きの最中に操業資金の継続性などが破産処理において発生するリスク、破産事例における第三者の動向に関するリスク(再建計画の確定および達成に干渉し、会社の流動性や操業結果に影響するものである可能性がある)、再建実施において費用が増加すること。このような将来の見通しに関する声明は発行日現在の見解であるため、読者は過度に依存してはなりません。会社は新規情報、今後の事象または会社の予測変更により将来の見通しに関する声明を更新するいかなる義務も負いません。